色々な 1/18 オートアートトヨタ TS040 LM'14#7 WEC-ミニカー・トイカー

COOLER MASTER CM690III



 商品について

『トヨタ TS040 HYBRID』は、トヨタが2014年の「ル・マン24時間レース」およびFIA世界耐久選手権(WEC)・LMP1カテゴリー参戦用に開発したプロトタイプレーシングカー。ミッドシップの最大520psの自然吸気3.7リッターV型8気筒エンジンと、480psの回生エネルギーが得られる前後輪車軸のスーパー・キャパシタを搭載し、4輪駆動のハイブリッドレイアウトが採用されています。WEC2014年シーズンには、7号車がアレクサンダー・ヴルツ、ステファン・サラザン、中嶋一貴、8号車がアンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ、ニコラ・ラピエールという2台体制で臨むこととなりました。デビューとなる開幕戦の「シルバーストン6時間レース」では、いきなり7号車が予選を制し、決勝は8号車が優勝、7号車も2位に入るトヨタとしてWEC初となる1-2フィニッシュを決めました。3戦目の「ル・マン24時間レース」では、7号車の中嶋一貴が日本人初のポールポジションを獲得。決勝はトラブルでリタイアとなり悲願のル・マン制覇はならなかったものの、その後のシーズンを通しても好調を維持し、7号車が1勝、8号車が4勝を挙げてマニュファクチャラーズチャンピオンとなりました。また、8号車のアンソニー・デビッドソンとセバスチャン・ブエミのドライバーズタイトルも併せて二冠に輝きました。これは日本のメーカーとして初の世界耐久選手権レースでの年間チャンピオン獲得という歴史的快挙となりました。 ※2ドアオープン仕様。ステアリングは固定式です。

チタンピトン [16φ×500mm(ローレット部13.5φ)] NPK(ナカジマ)(2603)

色々な 1/18 オートアートトヨタ TS040 LM'14#7 WEC-ミニカー・トイカー

オーディオパーツ

色々な 1/18 オートアートトヨタ TS040 LM'14#7 WEC-ミニカー・トイカー

VR関連

色々な 1/18 オートアートトヨタ TS040 LM'14#7 WEC-ミニカー・トイカー

ページトップへ